薄毛を隠すカットと髪型(セット)の仕方はここをクリック

界面活性剤

界面活性剤とは

界面活性剤は水や油、水や粉体などの界面に集合して、それらをなじみやすくする物質です。

界面活性剤は一分子中に油になじみやすい部分(親油基)と水になじみやすい部分(親水基)をもっていて、乳化、起泡(泡を立てること)、分散などの作用があります。

界面活性剤は4種類に大別されます。

  • アニオン界面活性剤
  • カチオン界面活性剤
  • 非イオン界面活性剤
  • 両性界面活性剤
  • シャンプーの主成分には、アニオン界面活性剤や両性界面活性剤さらに、気泡性を高めるために非イオン界面活性剤が配合されます。

    リンス剤にはやトリートメント剤には、カチオン界面活性剤です。

    界面活性剤は、界面(物質の境の面)に作用して、性質を変化させる物質の総称です。
    構造としては、1つの分子の中に、水になじみやすい「親水性」と、油になじみやすい「親油性」の2つの部分を持っています。
    この構造が、本来、水と油のように混じり合わないものを、混ぜ合わせるのに役に立ち、汚れを落とす洗浄の働きをするのです。
    代表的なものに石鹸(脂肪酸塩)があります。また、洗剤の他にも、医薬品、化粧品、食品などの成分としても広く使われています。

    界面活性剤(かいめんかっせいざい、英語: surface active agent, surfactant)とは、分子内に水になじみやすい部分(親水基)と、油になじみやすい部分(親油基・疎水基)を持つ物質の総称。両親媒性分子と呼ばれることも多い。ミセルやベシクル、ラメラ構造を形成することで、極性物質と非極性物質を均一に混合させる働きをする。また、表面張力を弱める作用を持つ。

    石鹸をはじめとする洗剤の主成分である。多数の界面活性剤が存在し、サポニンやリン脂質、ペプチドなどの天然にも界面活性剤としてはたらく物質は多い
    出典wikipedia

    この記事が役に立った方におすすめの記事

    育毛シャンプーコーナー育毛シャンプー比較&検討コーナー AGAコーナー AGA比較&検討コーナー
    育毛用語集 【保存版】育毛に関する用語集 育毛剤の正しい選び方 育毛剤はおすすめランキングで選んではいけない理由は?育毛剤の正しい選び方(男性用) AGAオンラインクリニック AGA治療は薬だけで大丈夫?オンラインクリニックの効果と費用 費用ランキング-2 2 【比較】AGAクリニック費用が安いランキングTOP7!AGA治療薬の値段で比較しました。