薄毛を隠すカットと髪型(セット)の仕方はここをクリック

フィナステリド

フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)治療(男性型脱毛症)に使われる治療薬に含まれる成分の名前。

商品名を「プロペシア」として発売されているが、近年ジェネリック薬が発売され「フィナステリド」が商品名として一般化しはじめている。

【効果・効能】男性ホルモンの1種である。テストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変わるのを防ぎ、毛髪の成長を阻害する要素が作られないようにする。

テストステロンがもたらしていたAGAの原因である、毛髪の成長サイクルの短縮を防ぎ、成長サイクルを元に戻す働きがある。フィナステリドには発毛効果はなく、抜け毛の防止に有効とされている。

一般的には、フィナステリドとミノキシジルを用いてAGA治療薬として処方するクリニックが多い。フィナステリドが抜け毛防止、ミノキシジルが発毛促進という役割をはたしている。

フィナステリド(finasteride)は、アメリカメルク社が開発した抗アンドロゲン薬。2型5-α還元酵素を阻害して、男性ホルモンテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に転換されるのを抑制する。高用量(5mg/day)で前立腺肥大症・前立腺癌に対して抑制的に作用する。Proscar等の商品名で海外で販売されているが[1]、日本では前立腺の治療薬としては未承認。
低用量(0.2または1mg/day)で、男性型脱毛症(AGA)に対して脱毛抑制効果を認め、プロペシア(Propecia)の商品名で多くの国で発売されている。プロペシアの日本での特許は2015年に切れており、各社から後発品が発売されている。

出典wikipedia

より詳細な情報が知りたい方はこちらのサイトが図があってわかりやすいです。→AGAスキンクリニック

この記事が役に立った方におすすめの記事

育毛シャンプーコーナー育毛シャンプー比較&検討コーナー AGAコーナー AGA比較&検討コーナー
育毛用語集 【保存版】育毛に関する用語集 育毛剤の正しい選び方 育毛剤はおすすめランキングで選んではいけない理由は?育毛剤の正しい選び方(男性用) AGAオンラインクリニック AGA治療は薬だけで大丈夫?オンラインクリニックの効果と費用 費用ランキング-2 2 【比較】AGAクリニック費用が安いランキングTOP7!AGA治療薬の値段で比較しました。