薄毛を隠すカットと髪型(セット)の仕方はここをクリック

育毛剤はおすすめランキングで選んではいけない理由は?育毛剤の正しい選び方(男性用)

育毛剤の正しい選び方

薄毛が気になり、育毛剤の購入を検討する時に、下のようなキーワードで検索していないでしょうか?

  • 「育毛剤 おすすめ」
  • 「育毛剤 人気」
  • 「育毛剤 ランキング」

育毛剤はおすすめ人気ランキングで選んではいけません。

正確に言うと成分と効果を確認しないで、おすすめ、人気、ランキング上位を選んではいけません。

もちろん、書いてある情報(特に成分に関する)をじっくり読んで検討した結果であれば、よいですが、「おすすめ」「人気」「ランキング」を鵜呑みにして、上位のものをなんとなく選ぶと、効果がなくがっかりする可能性が高いです。

あなたの頭皮や生活習慣にあった、効果が期待できる成分を含んでいる育毛剤を選びましょう。

頭皮の状態や生活習慣に応じて、薄毛の原因は異なります。原因に対応する成分が含まれている育毛剤を選びましょう。

薄毛の原因と対策、有効成分の効果から、育毛剤の選び方を紹介します。

とにかく早く薄毛を隠したい人は、薄毛の形別の薄毛がバレにくい髪型を参考にしてみてください。
バレない髪型薄毛を隠すカットと髪型(セット)をM字・O字のタイプ別に紹介

薄毛になる原因にあわせた育毛剤を選ぶ

原因に合わせて選ぶ

育毛剤は、風邪薬のようなものです、症状が違えば違う成分の薬が必要です。

風邪を引くと、喉が痛いのか?鼻水がでるのか?咳がでるのか?で薬が違います。それは症状に効果がある有効成分が違うからです。

実は、育毛剤も同じです。

薄毛になる原因が、頭皮が脂っぽいからか?栄養が足りてないからか?脱毛が早すぎるからか?などの原因によって効果を発揮する有効成分が違います。

まず、自分の頭皮の状態生活習慣から考えて、薄毛の原因がなにかを考えてみましょう。

薄毛になる原因

薄毛になる原因

薄毛になる原因は大きく3つあります。

  • 育毛するチカラの不足
  • 男性ホルモンによる脱毛
  • 頭皮環境の悪化

それぞれの原因をさらに、わかりやすくしてみます。

育毛するチカラの不足

育毛する チカラ不足

毛を作るのは、髪の毛の細胞を作る細胞分裂が必要です。

毛も皮膚や爪と同じで、細胞分裂を繰り返してが作られますが、毛を作る細胞が弱っている成長因子の働きが弱い頭皮の血行が悪いことによって、充分な細胞分裂が出来ていないことがあります。

それでは髪を正常に作ることができないので、薄毛が進行してしまいます。

皮膚や筋肉と同じで、髪はたんぱく質から出来ています。

食生活が乱れていたり、飲酒、喫煙する人は、毛を作るチカラが弱くなっている可能性があります。

食生活や生活習慣が乱れがちな人は、髪を育てるチカラを補う成分が適しています。

育毛のためのヘアケアは頭だけではダメ。髪の毛を作っているのは、なに?も参考になりますので、読んでみてください。

男性ホルモンによる脱毛

男性ホルモンの影響

男性ホルモンによる脱毛症は、平均4年〜6年の髪の成長期を、数ヶ月から1年程度に縮めてしまう恐ろしいほど強力な脱毛効果を発揮してしまいます。

主に前頭部頭頂部の髪が短く細くなっている人は壮年性脱毛症の可能性が高いです。

もう少し詳しく説明します。

髪の寿命を短くする役割をしてしまうのは、TGF-β(トランスフォーミング増殖因子-β)です。

TGF-βは細胞(上皮細胞、内皮細胞、血球細胞、リンパ球など)の増殖を抑制してしまう因子です。

参考資料:日薬理紙/TGF βとその受容体/https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj1944/107/3/107_3_133/_pdf

STEP1
テストステトロン
男性ホルモンの一種
STEP2
5αリアクターゼとテストステトロンが出会う
反応をしてしてしまう
STEP3
ジヒドロテストステロンに変身
テストステトロンと5αリアクターゼが反応してジヒドロテストステロンができる
STEP4
髪を作る細胞とジヒドロテストステロンが反応
毛乳頭細胞にある受容体とジヒドロテストステロンが結合
STEP5
TGF-β誕生!
髪を作る細胞の活動を抑制する
STEP6
髪の寿命が短くなる
新しい毛を作ることを抑え込まれて、短くて細い毛も抜ける症状がでる

TGF-βの因子は、男性ホルモンのテストステトロンと5α-リアクターゼと反応し、ジヒドロテストステロンになって、髪の毛を作る細胞の受容体と反応して、髪の毛を作る細胞の活動を抑制してしまいます。

一言で言うと、「男性ホルモンが育毛を邪魔する性質に変化してしまう」、これが壮年性脱毛症のメカニズムです。

男性ホルモンのテストステトロンがジヒドロテストステロンに変わるのを防ぐ作用をする成分を含んでいることが望ましいです。

頭皮環境の悪化

頭皮環境の悪化

頭皮環境の悪化を分類すると5つになります。

  1. 皮脂の過剰分泌
  2. 乾燥
  3. 炎症
  4. 菌の異常繁殖
  5. 老化現象

この5つが、頭皮環境が悪化している時の代表的な症状です。

シャンプーとコンディショナーを使い、清潔にし、保湿しておくことで改善出来ることが多いです。

上記の症状だけ並べられても、自分がどれに当てはまるのかわからない方もいると思いますので、以下の基準を参考にしてください。

皮脂の過剰分泌

  • 夕方までに、額がベタベタしてくる
  • シャンプーの後でも頭皮のベタつきが気になる
  • 脂っぽいものが好き
  • 最近、髪にコシやボリュームがない

上記に1つでも当てはまる人は、「皮脂の過剰分泌」になっています。

乾燥

  • 肌が乾燥して、かゆみかさつき感が常にある
  • 頭皮がつっぱった感じがする
  • 乾燥した細かいフケがでる

上記に1つでも当てはまる人は、「乾燥」している状態です。

炎症

  • 頭皮に「できもの(にきびのようなもの)」ができている
  • 頭皮に赤くなっているところがある

上記に1つでも当てはまる人は、「炎症」がある状態です。

菌の異常繁殖

  • 頭のニオイが気になる

上記に当てはまる人は、「菌が異常繁殖」しやすい状態です。

老化現象

頭皮の老化については、人により差があり、早い人は17歳から毛根が老化現象をはじめてしまう人もいます。

老化現象を防ぐ成分もありますが、改善しにくい原因ですので、改善しやすい老化以外の4つ原因に対策を取ることを考えましょう。

薄毛になる原因への対策

薄毛への対策

これまで書いてきたように、薄毛になってしまう原因は様々です。

  • 育毛するチカラの不足
    └栄養不足・血行不良
  • 男性ホルモンによる脱毛
    └テストステトロンが変身
  • 頭皮環境の悪化
    └皮脂の過剰分泌・乾燥・炎症・菌の異常繁殖・老化現象

これらの原因への対策を紹介していきます。

育毛するチカラの不足を補う対策は3つです。

  • 細胞分裂を促進する
  • 成長因子を補助する
  • 血管を拡張する

男性ホルモンによる脱毛を防ぐ効果は1つです。

  • テストステトロンの変質を防ぐ

頭皮環境を改善する効果は5つです。

  • 皮脂の過剰分泌を抑える
  • 保湿する
  • 炎症を抑える
  • 菌の繁殖を抑える
  • 老化物質の働きを抑制する

薄毛の原因に合わせた、これらの対策ができる成分が配合されている育毛剤をつかいましょう。

頭皮環境の改善には、シャンプーやコンディショナーも見直す必要があります。

薄毛の原因に対応してる育毛剤

原因別 育毛剤選び

薄毛の原因に効果を発揮する成分が含まれている育毛剤をピックアップしてご紹介します。

育毛するチカラを補う効果が期待できる育毛剤

育毛するチカラを補う3つの効果に分けて、紹介します。

毛を作る細胞を活性化する

細胞を活性化

バイタルウェーブ スカルプローション

バイタルウェーブ スカルプローションは、細胞を活性化する効果を持つとサれているリデンシル、EGFヒト表皮グロスファクター、FGFヒト真皮グロスファクターを含んでいる育毛剤です。

公式サイトで見るhttps://cera-shop.net

公式サイトが一番安く、どんな理由でも返品を受け付けているので、安心です。公式サイトでも、Amazonのアカウント情報で支払いが出来るので、便利です。

Amazonでも販売していますが、Amazonは定価11,880円(税込)と高く、返品についても記載がありません。

毛髪力ZZ

有効成分のペンタデカン酸グリセリド、6-ベンジルアミノプリンが、毛乳頭にエネルギーを与え、発毛を促す効果があります。

成長因子を補助する

THE SCALP 5.0C

オリゴペプチド-41という成分が、頭皮をサポートする効果あるとされています。

次世代スカルプ「THE SCALP 5.0C」は、リデンシルも含んでいるので、毛を作る細胞を活性化する成分も含んでいます。

公式サイトで約66%OFFのキャンペーン中です。返品も60日間対応しています。公式サイトでもAmazonアカウントの情報で支払いができるので、入力手間はありません。

Amazonでも販売していますが、高く、公式サイトの方が安いです。

血行を促進する

血行を促進

スカルプD メディカルミノキ

スカルプDメディカルミノキは、名前の通りミノキシジルを5%配合されています。

ミノキシジルは、世界90カ国以上で承認されて発毛剤として使われています。

主に血管を拡張する効果があります。

リアップ X5

スカルプDミノキと同様に、ミノキシジルを5%含んでいます。日本の発毛剤のパイオニア的商品です。

男性ホルモンによる脱毛を防ぐ効果が期待できる育毛剤

バイタルウェーブ スカルプローション

先ほども、細胞を活性化する成分で紹介したバイタルウェーブ スカルプローションが、再登場です。

キャピキシルとノコギリヤシという成分を含み、男性ホルモンのテストステトロンが、変質するのを防ぎます。

公式サイトで見るhttps://cera-shop.net

公式サイトが一番安く、どんな理由でも返品を受け付けているので、安心です。公式サイトでも、Amazonのアカウント情報で支払いが出来るので、便利です。

Amazonでも販売していますが、Amazonは定価11,880円(税込)と高く、返品についても記載がありません。

頭皮環境を改善する効果が期待できる育毛剤

頭皮環境の改善には、育毛剤だけでなく、シャンプーやコンディショナーを変えることをおすすめします。

今のシャンプーや、コンディショナーで適切な状態に出来ていないから、頭皮環境が悪化しています。

それぞれの状況にあわせたシャンプーもあわせて紹介していきます。

皮脂の過剰分泌を抑える

STOP過剰分泌

maro 3D エッセンス

maro3Dエッセンスには、グリチルリチン酸ジカリウムが配合されているので、皮脂の過剰分泌を抑える効果が期待できます。

maroシリーズのヘアケア用品とセットで使うと更に改善が進みます。ヘアケア用品はできるだけ同じシリーズが望ましいです。

MAROとMARO17の違い、シャンプーの種類と選び方
MARO17のシャンプーの特長・使い方と効果
MAROシリーズ シャンプーの特徴、選び方と使い方
を参考にしてください。

グリチルリチン酸ジカリウムは、多くの育毛剤に使用されている有効成分です。紹介している。

バイタルウェーブ スカルプローションや、次世代スカルプ「THE SCALP 5.0C」にも含まれています。

頭皮の皮脂が多い方は、育毛剤も大切ですが、シャンプーを変えることを検討しましょう、スカルプDシャンプーのスカルプシャンプー3種類の価格と特徴と選び方にある、超脂性肌用(ストロングオイリー)や、脂性肌用(オイリー)は皮脂が多い人向けに開発された商品です。

保湿する

保湿

Persona(ペルソナ)

遺伝子検査付き 医薬部外品 育毛剤【Persona(ペルソナ)】は、M-034という海藻由来の保湿成分を含んでいます。

ペルソナは、セミオーダーで作る育毛剤です。

最初に遺伝子検査をして、その検査結果をもとに、最適な育毛剤を届けるサービスです。

遺伝子検査は、綿棒のような物で口の内側をこするだけで、簡単にできます。

遺伝子検査費用は6ヶ月継続利用すれば、メーカーが全額負担してくれます。

画像の方は、医学博士の古賀昭義氏です。

公式サイトで定期注文申し込みなら、大幅な割引があります。また、公式サイトでもAmazonアカウントで決済ができます。

公式サイトで見るセミオーダー式育毛剤【Persona(ペルソナ)】

グローパワー

グローパワーには、保湿成分が豊富に含まれています。M-034、フコダイン、トウヒエキス、シャクヤクエキス、豆乳発酵液、ブクリョウエキスです。

頭皮の乾燥がひどい人には、あっている育毛剤だと思います。

バイタルウェーブ スカルプローションにも保湿の有効成分は多く含まれています。

頭皮の乾燥はシャンプーが余分な皮脂を取ってしまうことが原因であることもあります。

シャンプーだけではなく、コンディショナーやトリートメントをすると保湿できるようになります。

保湿には、バルクオムのシリーズが有効です。バルクオム ヘアケア商品(シャンプー、トリートメント、スカルプセラム)の評価まとめ

炎症を抑える

炎症を抑える

現在、炎症がある方は、皮膚科に先に行っていただいて、症状が緩和してお医者さんから、OKが出てから、育毛剤を検討することをおすすめします。

炎症がある方は、頭皮が弱っている状態ですので、天然由来成分のシャンプーを使いましょう。スカルプDネクスト オーガニック5 シャンプーの違いと選び方を説明|価格も調べてみましたはオーガニックという名前の通り、天然由来の成分で作られています。

菌の異常繁殖を抑制する

菌の繁殖を 抑える

BOSTONのスカルプエッセンス GrowthProject 

BOSTONのスカルプエッセンスGrowthProjectはオレアノール酸を含んでいます。

オレアノール酸は菌の増殖抑制効果や、アンチエイジング効果があるとされています。

公式サイトで見るBOSTONのスカルプエッセンス

頭皮に菌が多い人は、ニオイが気になるケースが多いです。

シャンプーは頭皮のニオイ対策用スカルプDシャンプーの特徴をわかりやすくまとめてみましたがニオイに特化した成分を配合しているので、おすすめです。

育毛剤はおすすめランキングで選んではいけない まとめ

正しい選び方まとめ

育毛剤はたくさんの種類があり、たくさんの口コミがあります。

同じ育毛剤でもた賛否両論飛び交っていて、何を信じていいのかわからなくなります

人によって薄毛の原因も期待している効果も様々ですので、口コミは参考程度にみておきましょう。

そのかわり、育毛剤に含まれている成分を確認して選びましょう。それがが、一番良い選び方です。

そして、育毛剤の効果は3ヶ月〜6ヶ月の継続利用ではじめて実感できますので、継続して使用しましょう。

頭皮環境は、育毛剤だけではなく、シャンプー・コンディショナーを見直し、食生活もバランスが取れるように気をつけるとさらに効果が発揮されます。

育毛剤が決まったら、手元に届くまでに、育毛トニックの効果がない4つの理由。育毛トニックの効果を最大化させる3つの方法を確認しておいてください。

選んだ育毛剤の効果がないと感じた時は正しい対策で、再度選び直しましょう。

育毛剤よりも効果があるのは、AGA治療です。医者しか出せない薬を処方したり、注射したり、自分の毛根を薄いところに植えたりと色々なAGA治療法があります。

AGA治療に興味がある方は、AGAクリニックを選ぶ時に比較する3つのポイントを参考に検討してみてください。
AGA比較 ポイントAGAクリニックを選ぶ時に比較する3つのポイント

メーカーのサイトを見てよくわからない育毛関係の用語が出てきた方には、こちら↓の記事がおすすめです。
育毛用語集【保存版】育毛に関する用語集