1ヶ月のAGA治療費用はいくら?

ミノキシジル

ミノキシジルとは

ミノキシジルはもともと高血圧の薬として使用されていたが、血管拡張作用が薄毛治療にも効果があることがわかり、用途が拡大し、現在は、AGA(男性壮年性脱毛症)の薬として一般発売されている。

日本では、最大濃度5%までが、厚生労働省に認められている濃度ですが、海外では最大13%の濃度のものも発売されている。

ミノキシジルの効果として頭皮の血管を拡張することで、血行を促進し、髪の毛を生成する成分が毛根に届くことを助ける為、毛母細胞(毛を作る部分)を活性化させることができる。
血行促進と毛母細胞の活性化という2つの効果から、髪を育てる育毛ではなく、「発毛剤」として認可されています。
AGAクリニックでは、フィナステリド(プロペシアのジェネリック薬)を薄毛進行の防止薬として処方し、ミノキシジルを毛を増やす薬として処方するAGAクリニックが多いです。
ただし、フィナステリドと異なり、ミノキシジルは市販薬が発売されていることから、AGAクリニックではない、一般の医院では、フィナステリドのみ処方し、ミノキシジルは市販薬の使用をすすめる医院もあります。

AGAクリニックの中には、独自に輸入した高濃度のミノキシジル薬を処方しているクリニックもあり、高い発毛効果を上げているクリニックもあります。
AGAクリニックでは、海外の製薬会社ファイザーが販売している商品名「ロゲイン」を扱っているクリニックが多いです。

ミノキシジルには、外用薬と内服薬があり、一般的に内服薬の方が、成分の浸透率が高く、外用薬よりも効果が高いとされています。
ミノキシジルの内服薬は市販されていない為、処方してくれるAGAクリニックに通うか、個人輸入するかのどちらかの方法で入手することになります。

ミノキシジルには副作用が起こる可能性があります。その発現率は約8%。
副作用の種類

  • ニキビの発生(塗布部分)
  • 頭皮のかゆみ・かぶれ
  • 頭痛
  • 動機
  • 多毛症
  • 不整脈

発毛の薬でもありますが、高血圧の薬でもあるので、血管拡張にともなう血行促進による副作用が現れるケースがあります。
副作用と思われる症状が確認されたらすぐに医師の診断を受けるようにしてください。

副作用が心配な方は、AGAクリニックで処方してもらうことをおすすめします。
全国のおすすめAGAクリニック全国のAGAクリニックを比較。AGA治療でおすすめのAGAクリニック3選

ミノキシジル(Minoxidil)とは血管拡張薬として開発された成分。後に発毛効果があるとされ発毛剤に転用され、日本以外ではRogaine(ロゲイン)の商品名で売られている。
日本では一般用医薬品として各社から市販されている。
1960年代にアップジョン社(現在のファイザー)が創製し、高血圧の経口薬として用いられていた。しかし後に髪を育成し脱毛症を回復させる効果が発見され、1980年代にアップジョンがはげや脱毛症の治療用として2%のミノキシジル外用溶液を「Rogaine」として販売し始めた。内服薬としては副作用が発見されたため、頭部に塗布する液状の外用薬として売られている。なお、ファイザーは世界規模でOTC事業をジョンソンエンドジョンソン(J&J)に売却したため、ロゲインの販売元はJ&J傘下のMcNEIL(マクニール社)に移管されている。
毛成長のメカニズムについては、毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化と説明されているが、詳細は未だ分かっていない。同じはげ治療薬のフィナステリドは薬理作用が異なるので併用が可能であり、また併用した方がそれぞれを個別に使用するよりも発毛効果を高める事が出来る。
日本国内においてもミノキシジルを成分とした内服薬であるLoniten(ロニテン)及びそのジェネリック医薬品を個人輸入の形で入手する事が可能だが、国内では未認可の薬である上、本来の用途は高血圧の治療のための血管拡張薬であり、服用する事によって重篤な症状を引き起こす可能性があるので注意が必要である。

日本ではミノキシジル成分の医療用医薬品が未発売であるが、大正製薬が一般用医薬品として開発を行い1999年からミノキシジル成分1%の「リアップ」として発売開始された(ダイレクトOTC第1号製品)。同時期に国内で承認・上市した(医療用医薬品)バイアグラと共に生活改善薬として人気を博し、発売当初は品薄状態が続いた。
2005年には女性用の「リアップレディ」も発売され、2009年にはミノキシジルを5%配合した「リアップX5」が発売された。また2017年にはミノキシジル5%に加え、皮脂の分泌、酸化を抑え、頭皮の炎症を抑える効果がある成分(ピリドキシン塩酸塩、トコフェロール酢酸エステル、l-メントール)を配合した「リアップX5プラスローション」が発売された。なお、「リアップ」発売前から現在まで「リアップ」よりも主成分が濃厚で廉価である理由で「ロゲイン」の個人輸入も多く行われてきた。
2018年に男性用のミノキシジル5%製剤において他社からも参入するようになり、同年8月にアンファーから「スカルプD メディカルミノキ5」[3]が、同年11月にはロート製薬から「リグロEX5」[4]、東和薬品から「ミノアップ」[5]がそれぞれ発売された。
出典wikipedia

この記事が役に立った方におすすめの記事

育毛シャンプーコーナー育毛シャンプー比較&検討コーナー AGAコーナー AGA比較&検討コーナー
育毛用語集 【保存版】育毛に関する用語集 育毛剤の正しい選び方 育毛剤はおすすめランキングで選んではいけない理由は?育毛剤の正しい選び方(男性用) AGAオンラインクリニック AGA治療は薬だけで大丈夫?オンラインクリニックの効果と費用 費用ランキング-2 2 【比較】AGAクリニック費用が安いランキングTOP7!AGA治療薬の値段で比較しました。