【比較】AGAクリニック費用が安いランキングTOP8!ここをタップ

薄毛を予防するために、必要なことは?薄毛になる5つの原因と対策

薄毛を予防する方法5つの対策

薄毛にはなっていないけど、親戚や父親、兄弟が薄毛で自分もいつか薄毛になってしまうのではないか?

できるだけ薄毛になってしまう時期を遅らせたい!

予防できるなら、予防したいという人向けに、薄毛を予防する方法をご紹介します。

すでに薄毛になっている自覚がある方は、『現状を維持する方法。遺伝子に対抗する2つの有効成分!』『薄毛を治す3つの方法』をご覧ください。

  薄毛になる原因

薄毛になる原因は大きく5つあります。

  1. 不衛生
  2. 乾燥
  3. 皮脂が過剰
  4. 遺伝
  5. 老化

それぞれの原因がどういう状況になっているのかを解説していきます。

  不衛生による毛穴がつまっている

汚れで詰まっている毛穴
汚れで詰まっている毛穴

毛穴が汚れで詰まってしまい髪の毛がはえることを阻害してしまっている状態が、不衛生による毛穴のつまりです。

ワックスやジェルなどの整髪料をつけることでスタイリングはできますが、同時にワックスやジェル自体が汚れの原因となってしまいます。

それ以外にも、汗、皮脂、常在菌(じょうざいきん)、ホコリ、排気ガスなども頭皮の汚れの原因になります。

シャンプーで落としきれずに蓄積されていくことで、さらに不潔になっていき毛穴を塞いている状態に近づいていきます。

  頭皮が乾燥している

乾燥している頭皮
乾燥している頭皮

皮膚が乾燥してカサカサになり、かゆみが出てきたり、皮が固くなって剥がれたりしたことはありませんか?

特に冬場は空気が乾燥しているので、頭皮も乾燥しがちです。顔には化粧水や乳液をつけたり、ボディクリームを塗ったり、手にはハンドクリームを塗ったり、乾燥に気をつけている人もいると思います。

でも、頭皮は何もケアしてないという人は少なくありません。乾燥がひどくなると画像のように頭皮の皮が剥がれてフケになってしまいます。

そのフケが取れる際に毛が抜けたり、フケが汚れの原因になったり、皮が剥がれた頭皮は刺激に敏感なので、皮脂を過剰に分泌したりします。

それによって頭皮のコンディションが狂ってしまい、抜け毛につながることがあります。

  皮脂が過剰に分泌している

皮脂で詰まった毛穴
皮脂で詰まった毛穴

頭皮の健康を維持するために重要な役割をしている皮脂。

頭皮に傷やできものができたり、乾燥することで皮脂が過剰に分泌されることがあります。皮脂が過剰になる原因の多くは「乾燥」なのです。

皮脂が過剰に分泌することで、頭皮が荒れてしまいAGA(壮年性脱毛症)ではない脂漏性脱毛症になってしまうこともあります。

あとは、食事が油を使ったものを多く摂取するとその分皮脂が多く分泌されやすくなります。

MEMO

頭皮を清潔にし、保湿して乾燥を防ぐことが薄毛を防止するためには重要!

  遺伝で剥げてしまう

遺伝で薄毛になる!という話はほとんどの方が聞いたことがある話でしょう。

遺伝子が影響を与えているのがなにか?までご存知の方は少ないかもしれません。

遺伝子が影響しているのは大きく2つ

  • 5αリダクターゼの活性度
  • 男性ホルモンレセプターの感受性

この2つと言われています。

AGA(壮年性脱毛症)の仕組みを簡単に説明すると、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼと反応してDHT(ジヒドロテストステロン)になる。

DHTが男性ホルモンレセプター(受容体)と反応して『脱毛因子』を作り出してしまうことがAGAの原因です。

5αリダクターゼが活発に動いてしまうかどうかと、男性ホルモンレセプターとDHTが結びつきやすいかに、遺伝が影響しています。

男性ホルモンが最も多く分泌される年齢が20代〜30代前半で、その時期に薄毛が始まる人が多いです。

MEMO
遺伝するのは、脱毛因子が作られやすい体質です。

  老化現象で毛がぬける

最後の原因が老化現象です。

髪の毛を作ることは、毛母細胞が細胞分裂を繰り返して作られていきます。

毛穴の老化は早い人で18歳からはじまります。一般的には肌の曲がり角友いわれる28歳前後で自覚する人が多いです。

老化現象によって、髪が伸びる速度が遅くなる、髪が細くなる、髪が弱くなる、髪が少なくなるといったことが起こります。

この老化現象とこれまでに説明した4つの原因が複合的に重なっていると薄毛になる早さが早くなります。

  薄毛を予防する方法

薄毛を予防する方法には、2段階あります。

1つは、薄毛の原因である「不潔、乾燥、皮脂の過剰を解消すること」もう一つは、「遺伝による影響を抑え、老化現象を遅らせること」です。

  不潔さを解消する方法

頭皮を健康で清潔な状態を保つために、必要なことは、まず頭皮を清潔な状態にしなければいけません。

まず、最初に頭皮を触って痛みがあったり、赤くなっているような箇所はありませんか?

そういった部分はすでにコンディションを崩していて、なにかしらの皮膚炎にかかっている可能性がありますので、皮膚科を受診しましょう。

頭皮を清潔に保つというと、「毎日シャンプーしているから大丈夫!清潔だ!」という方がいますが、正しいシャンプーの仕方ができていないことで、逆にシャンプーが残っていたり、効果を発揮できていなかったりします。

【動画】正しいシャンプーの仕方を解説・間違った方法でシャンプーしてない?』で詳しく正しいシャンプーの仕方を解説しています。

シャンプーの種類に関わらず、2回洗うことをおすすめします。もし、それが面倒なら、シャンプーをする前に予洗いとしてしっかりシャワーで汚れをできるだけ流してください。

洗い方も大切ですが、シャンプーを見直すことも大切です。今使っているシャンプーの成分は、あんたの頭皮の状態に合っているでしょうか?

乾燥肌なのに、皮脂を根こそぎ取るようなシャンプーを使っていたり、皮脂がおおいのに、乾燥肌用のシャンプーをつかっていたりしないでしょうか?

もし、自信が無い方は、こちらの記事を参考に確認してみてください。

頭皮にあわせたシャンプーを選び、正しいシャンプーの方法をマスターしましょう。

  乾燥と皮脂過剰を解消する方法

乾燥と皮脂の過剰は全く逆の症状ですが、実は乾燥を防ぐために皮脂が分泌されています。

その皮脂のバランスが崩れるきっかけは「乾燥」だったりします。つまり皮脂が過剰になる初期症状が乾燥とも言えるのです。

もちろん乾燥していなくても防止やヘルメットをかぶっている仕事の方は頭皮にストレスがかかっているので、皮脂が過剰になることはありますが、多くは乾燥が原因です。

乾燥を防ぐのも、皮脂の過剰を防ぐのも、対策は同じです。

「コンディショナー」を使って保湿することです。シャンプーと同じブランドのコンディショナーを使いましょう。

男性は髪の毛が短めな方はコンディショナーを使わない人が多いです。実はそれが薄毛の原因にもなってしまっているのです。

コンディショナーの役割は、髪の毛自体のケアももちろんありますが、それ以上に頭皮の「保湿」の役割が実は大きいのです。

乾燥を防ぐ為にも、コンディショナーを使って保湿しましょう。

食事はできるだけ、揚げ物をさけて脂肪分をとらないようにしましょう。

  遺伝と老化への対策

シャンプーとコンディショナーをしっかりつかっていれば、頭皮は清潔で健康な状態を維持できますので、遺伝と老化以外のことが原因で薄毛の進行が一気に進むということは考えられません。

身内に薄毛の人があまりいなくて20代前半の人は、それ以上のケアはあまり必要ないと思いますが、不安であれば、育毛剤を使うことをおすすめします。

【比較】ドラッグストアで買える市販の育毛剤・発毛剤をコスパで比較
ドラッグストアの育毛剤・発毛剤を比較【比較】ドラッグストアで買える市販の育毛剤・発毛剤をコスパで比較

遺伝への対策は、薄毛の進行を止める治療になり、医師の処方が必要になります。これは予防というよりもむしろ現状を維持することになります。

現状維持ついては、『現状を維持する方法。遺伝子に対抗する2つの有効成分!』詳細をご確認ください。

また、老化に対する対策は、毛母細胞が衰えていくことに対して対抗することになりますので、毛母細胞を活性化させ、髪の毛を増やすことが必要になります。

髪の毛を増やしたい方は、『薄毛を治す3つの方法』で詳細をご確認ください。

  薄毛を予防するために、必要なこと まとめ

薄毛を予防する方法は、頭皮の状態にあうシャンプーを使い、正しいシャンプーの方法で頭を洗い、コンディショナーをして保湿することです。

頭皮を清潔にし、保湿をして乾燥を防ぎ、皮脂が過剰にならないようにすることで毛穴がふさがっていない状態になり、髪の毛が生えることを妨げるものがない理想的な状態になります。

薄毛になることを予防したいのであれば、今使っているシャンプーが自分に合っているのか?成分を確認してみてください。

スカルプDシリーズは種類が豊富で、あらゆる頭皮の状態にあわせたラインナップがされていますので、一度参考にご覧になってください。