薄毛を隠すカットと髪型(セット)の仕方はここをクリック

男性ホルモン

男性ホルモンとは

頭髪だけでなく、体毛も含めて「毛」の状態に最も大きな影響を及ぼすのが、体内でつくられる男性ホルモン(アンドロゲン)です。

特に思春期に男性ホルモンが増えて、男女ともに陰毛が硬毛になり、頭髪も太くなってきます。
男性では、さらにひげ、胸毛、すね毛が濃くなります。

男性ホルモンの中には、男性の精巣でつくられるテストステロンが有ることで体全体が男らしい状態になります。

男性は個人差はありますが、ひげなどが濃くなる一方で前頭部から頭頂部の頭髪はうすくなります。
硬毛化すると同時正反対の減少が別の部分で起こってしまいます。

男性ホルモンが作用するのは、毛母細胞ではなく、毛乳頭細胞です。

毛乳頭細胞の働きを男性ホルモンが調節する結果、毛の成長が促進あるいは抑制されます。しかも、毛乳頭細胞はテストステロンを還元して、一層強力なホルモンである。5αージハイドトキシテストステロン(5α−DHT)に変える5α−リダクターゼをもっています。

テストステロンが毛乳頭細胞の細胞質に取り込まれると酵素が働き5α−DHTとなって男性ホルモン受容体に結合して細胞の核に移動します。
さらに、あこの結合体が良い電子のはたらきを調整する結果、毛乳頭細胞が作る司令因子が調節されます。

ひげが濃くなり、前頭部から頭頂部が薄くなり、皮脂の分泌が増えます、これにより脂っぽい状態になり、さらに薄毛が進行する原因が増えることになります。

男性ホルモン自体が薄毛に悪影響を与えているのではなく、男性ホルモンが酵素と反応する事で、毛乳頭細胞の働きを調節する働きをしてしまっているのです。

アンドロゲン(英: androgen)は、ステロイドの一種で、生体内で働いているステロイドホルモンのひとつ。雄性ホルモン、男性ホルモンとも呼ばれる。雄では主に精巣のライディッヒ細胞から分泌される。雌では卵巣内の卵胞の顆粒層細胞から分泌されるアンドロゲンは卵胞内の卵胞上皮細胞で芳香族化されてエストロゲンに変換される。副腎においては雌雄ともに分泌される。アンドロゲンは肝臓で不活化されるため、経口投与ではほとんど効果がなく、投与は一般に注射によって行われる。
アンドロゲンとは雄の副生殖器の発育および機能を促進し、第二次性徴を発現させる作用をもつ物質の総称であり、数種類のホルモンからなる。乳児期早期(1-3ヶ月)の男性は思春期並に分泌量が多く、将来の精子形成に重要だとされているが、2歳から思春期を迎えるまでは分泌量が減少する。思春期開始時は男性器の発達のみに作用し[1]、男性器の成長の第2段階から第3段階にかけて分泌量が急激に増大する[2]。増大すると共に変声など、他の体位でも作用し始める。アンドロゲンは卵胞刺激ホルモン(FSH)と共同して精子形成の維持に関与し、視床下部の負のフィードバック作用を介して下垂体前葉からの黄体形成ホルモン(LH)の分泌を抑制する。

出典wikipedia

より詳細な情報が知りたい方はこちらのサイトが図があってわかりやすいです。→AGAスキンクリニック

この記事が役に立った方におすすめの記事

育毛シャンプーコーナー育毛シャンプー比較&検討コーナー AGAコーナー AGA比較&検討コーナー
育毛用語集 【保存版】育毛に関する用語集 育毛剤の正しい選び方 育毛剤はおすすめランキングで選んではいけない理由は?育毛剤の正しい選び方(男性用) AGAオンラインクリニック AGA治療は薬だけで大丈夫?オンラインクリニックの効果と費用 費用ランキング-2 2 【比較】AGAクリニック費用が安いランキングTOP7!AGA治療薬の値段で比較しました。