【比較】AGAクリニック費用が安いランキングTOP8!ここをタップ

アニオン界面活性剤(陰イオン界面活性剤)

アニオン界面活性剤(陰イオン界面活性剤)とは

アニオン界面活性剤は界面活性剤の一種です、界面活性剤の働きは以下のようなものがあります。

  • 混ざり合わないものを混ぜ合わせる
  • 泡立ちをよくしたり、消したりします
  • 汚れをおとします

界面活性剤には大きく上記のような3つの働きがあります。

他にも、濡れやすく、染み込みやすくしたり、柔らかくたり、滑りをよくしたり、静電気を防いだり、サビを止めたり、染めムラをなくしたり、色落ちを防いだり、菌を殺したりします。さらに界面活性剤を組み合わせることで働きの種類も広がります。

アニオン界面活性剤の特徴は、乳化・分散性に優れている、泡立ちが良い、温度の影響を受けにくいの3つです。
この特性のために、「衣料用洗剤」「シャンプー」「ボディソープ」に使われます。

アニオン界面活性剤は、水に溶けたときに、疎水基のついている部分がマイナス(負)イオンに電離する界面活性剤で、石けんをはじめ古くから多くの種類が開発されてきており、現在でも合成洗剤やシャンプーなど、その使用量は全界面活性剤の約1/3を占めています。

合わせて使われることが多いのが、両面性界面活性剤があります。
両面性界面活性剤は、皮膚に対してマイルド、水の溶解性に優れる、他の活性剤と相乗効果があり、アニオン界面活性剤とあわせてシャンプーやボディソープに使われています。

親水基としてカルボン酸、スルホン酸、あるいはリン酸構造を持つものが多い。
洗浄力が強く、優れた起泡性を持つため石鹸や衣料用洗剤・シャンプー等に使われるが、乳化力は油への溶解性が低いため、非イオン界面活性剤に比べると劣る。

出典wikipedia

この記事が役に立った方におすすめの記事

育毛シャンプーコーナー育毛シャンプー比較&検討コーナー AGAコーナー AGA比較&検討コーナー
育毛用語集 【保存版】育毛に関する用語集 育毛剤の正しい選び方 育毛剤はおすすめランキングで選んではいけない理由は?育毛剤の正しい選び方(男性用)